幼児の英才教育|幼児の英才教育にはタイムリミットがあった

-  |  次の1件 »

英才教育とは何か?幼児の英才教育に対してのよくある勘違いとは


赤ちゃんや幼児をお持ちのご家庭で、英才教育をしてみたいと一度は思った事があるでしょう。


注意しなければならないのは、


英才教育とは何か? 

英才教育について勘違いしていないか?



という事です。




どの親も、子供には

・いつまでも健康でいてほしい

・将来、人の役に立つ人間に育って欲しい

・他人に頼られるような立派な人になってほしい


という強い思いを抱いているはず。



特に日本人からノーベル賞が出たり、すごい冒険をやり遂げたり、プロ野球のドラフトで契約金が1億円を超えた事を知ったり、あるいはオリンピックの選手達が活躍するのを見て、



「うちの子もあんな風になれるのではないか」



と期待するのは当たり前のことですよね。





しかし、本当の英才教育って、何も一つの事だけに特化して、他の子に比べて群を抜いて優秀な子に育てようとか、そういう事じゃないんですよ。




脳科学で有名な茂木健一郎氏がこんな事を言っています。


「みな、英才教育って何だろう?ってことをもっとちゃんと考えないといけない。大人ができるような事を早いうちからできるようになることが英才教育だと思ってしまっている。」



幼児にとって本当に必要なのは、体を動かしたり他人と触れ合ったりする中で、コミュニケーション能力を育む事のほうが大切なんです。



それが本当の英才教育というもので、小学生低学年でショパンを弾きこなせたり、500ページの本を5分で読破できたり、15歳でオリンピックで金メダルを獲ったり、といったことではありません。



日本では、そういった事が英才教育だと思われていますが、それは勘違いです。



では、本当の英才教育ってどんなものか、親は子供にどのような教育をすべきなのでしょうか。




親としての願いとは



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の1件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 幼児の英才教育|幼児の英才教育にはタイムリミットがあった All Rights Reserved.